• 亳州概要

    亳州概要

    View:19528

  • Intro
  •   亳州は国家歴史文化が有名な都市、第1陣の中国優秀観光都市と中華薬都、豊かな文化と観光資源を持っています。

      3700多年前、商湯王は亳に国都を定めました。公元221年、魏文帝の曹丕は譙(亳州)を陪都として定め、許昌、長安、洛陽、邺城と 「五都」と併称されました。元末の劉福通は韓林儿を帝として推戴し、龍鳳政権を確立した、亳州に国都を定めてから、亳州はまた「三朝古都」と称されます。1986年に県級亳州市を設立され、同年12月に国家歴史文化が有名な都市として国務院によって承認され、1998年に全国優秀観光都市と命名され、2005年5月に地級都市として国務院によって承認されました。長い歴史、亳州市のユニークな歴史的、文化的な枠組みを形成させ、その中に先史時代文化、帝国文化、老荘文化、宗教文化、曹魏文化、伝統的な中国医学文化、古代商業文化、酒文化と民俗文化など含みます。

      亳州は傑出した人物が出たり,足を運んだことで,その土地が有名になり、広々としているさまの渦河水は老子、荘子、張梁、曹操、華佗、花木蘭、陳摶など百ぐらい古にとどろき、今に輝き、世界的に有名な歴史人物を育った、亳州にも多い人類の遺産を残りました。亳州では既存の国家、省、市レベルの文化遺産保護機構は240所があり、その中に省レベル以上の保護機構は23所、国家レベルの保護機構は5所があります。ここでは国家レベル重点文物保護単位――花戲樓、全国道教第一大殿——天静宮、金色や赤青の色がきらびやかな万佛塔、36個の古い町並みと72個の古い横町など古代様相が相変わらず、亳州の歴史文化景観は黄山の自然景観とはるか遠くから相呼応して、「南は黄山、北は亳州」の言い方があります。

      文化的な遺物の数が多い、ユニークな文化的な構成は亳州の観光開発に広いスペースと条件を提供しました。2008年、亳州は中国200個の美しい都市リストに入選されました。安徽省「十一五」観光開発計画の中に亳州を重点とする新皖北区域観光エリアと黄山を中心とする大皖南国際観光地及び合肥を中心とする泛巣湖国家観光ゾーンは一緒に、安徽省「十一五」期間の3つ観光セクションに分類されます。市委、市政府は文化観光業を亳州市5つ柱産業の一つとして分類され、それに「天下道源·曹魏故郷·中華薬都·养生亳州」の都市イメージ定位を提出した、徐々に文化観光、健康テーマ観光とエコツーリズムは相互促進の新たなパターンを形成します。

  • ホット情報
  • 亳州概要
  • 古都亳州一日観光
  • 亳州市旅行代理店名簿
  • 亳州国際漢方医学博覧会
  • 国際老荘道家文化節
  • 漢方薬健康公園プロジェクト